【お客様からの質問】風邪でもないのに身体がだるいのはなぜ?

スポンサーリンク
お客様からの質問と回答

こんにちは!
東急東横線 反町駅 徒歩1分
リラクゼーションサロン
ほぐしあです

さて今回は!
施術中にお客様と話していると
「風邪でもないのに身体がだるい!」
仰っていました

今現在、季節の変わり目(10月)で
朝晩の寒暖差が激しい時期でございます

この時期になるとなんだか身体がだるい!
と仰る方に向けて
今回は寒暖差アレルギーについて
書いてみたいと思います

寒暖差アレルギーとは?

セラピスト
セラピスト

サラリーマン!

調子はどうですか~

お客様男性
お客様

ここ最近は朝晩は冷えていて

日中は暑かったりして

風邪をひいているわけではないけど

身体がだるいんですよ~

セラピスト
セラピスト

それは!

寒暖差アレルギーの症状に

似ていますね

お客様男性
お客様

寒暖差アレルギーってなに?

寒暖差アレルギーとは!
寒暖差が7℃以上で
起きやすいと言われています

このような寒暖差で
くしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状を
「寒暖差アレルギー」と呼ばれています

医学的には「血管運動性鼻炎」と言われ
温度差で鼻の粘膜が炎症して
起こるとされています

自律神経と寒暖差の関係

自律神経には!
交感神経と副交感神経の2種類があります

交感神経が優位になると!
血管が収縮して血圧を上昇させます
仕事中などの活動的に動いているとき
スイッチONの状態です

副交感神経が優位になると!
逆に血管が拡張して
血圧の低下をもたらします
リラックスしているときの
スイッチOFFの状態

ですが!
寒暖差があると
自律神経のバランスが崩れてしまい
風邪でもないのに身体がだるかったり
するのです

お客様男性
お客様

なるほどですね~

この自律神経のバランスが崩れると
寒暖差アレルギーになりやすいのですね

セラピスト
セラピスト

そういうことです!
出来るだけ寒暖差を小さくして
リラックスすることです

リラクゼーション、マッサージでリラックス

寒暖差で身体がだるく感じているときは
リラクゼーション、マッサージで
リラックスしましょう

全体的な疲れには「全身もみほぐし」

足の疲れには足つぼ「リフレクソロジー」

頭痛、鼻炎、肩こりには「ヘッドマッサージ」

セラピスト
セラピスト

寒暖差で緊張状態が続いていると
自律神経のバランスが
崩れてしまいますので
リラックスすることを
心がけましょう~

お客様男性
お客様

はい!わかりました!

まとめ

いかがでしたでしょうか

今回は!
お客様からの質問で
「風邪でもないのに身体がだるい」
寒暖差アレルギーについて
書いてみました

寒暖差が7℃以上
身体がだるく感じてしまうものです

朝晩の冷えているときは温かくして
出来るだけ寒暖差を小さくして
リラックスすることを心がけましょう

 

お疲れの方は
ほぐしあでお待ちしております

【新型コロナ感染症対策実施中】
※サロン内の喚起 施術後の入り口のドア、施術部屋の喚起
※受付、施術部屋に消毒液の設置
※施術後のベッドの消毒
※施術時に使用するタオル、バスタオルは毎回替えています
※セラピストの接客、施術時のマスクの着用
※セラピストの出勤時の検温
※セラピストの施術後のうがい、手洗い、消毒の徹底
※ドアノブの消毒
※施術部屋は3部屋ありますがお客様は2名様までに制限させて頂き
お客様とお客様のインターバルも30分空けて換気をしています
時間帯によってはご予約が承れない場合がございます
セラピスト
セラピスト

お手数をおかけしますが
ご理解、ご協力のほど
宜しくお願い申し上げます

 

タイトルとURLをコピーしました