やるも地獄やらぬも地獄!? 飲食店だけ補償があるのは何故!?

スポンサーリンク
リラクゼーションサロン経営

こんにちは!
ブログをご覧いただきまして
誠にありがとうございます

2021年2月 政府により
緊急事態宣言の延長が発表されました

3月7日まで10都府県で感染状況が改善すれば
期限を待たずに順次に宣言を解除するとのこと

当店がある神奈川県も対象地域です

緊急事態宣言の要請として

飲食店の要請として
★ 営業時間は20時までに短縮
★ 酒類提供は11時から19時までに制限
★ 宅配、テイクアウトは対象外
住民への要請として
★ 日中も含めて不要不急の外出自粛
★ 特に20時以降の外出自粛を徹底
★ 通院などの生活に必要な外出は除く
事業者への要請として
★ テレワークの推奨
★ 必要な場合を除き20時以降の勤務を抑制
イベント関係者への要請として
★ イベントは最大5000人以下に制限
★ 20時までの時間短縮
などの要請が発表されました

飲食業の状況は深刻であるとは思いますが
同様に他の業種も深刻でございます

当店がある東横線の反町駅は個人商店が立ち並ぶ
静かな街でありますが
いつも以上に人通りが少なく感じます
夜の20時を過ぎると更に静かになります
どの店も開いてないのですから
皆さん家路についていると思われます

近所で商売をされているお客様に
最近どうですか? と聞いてみたところ
皆さん暇ですね~ とおっしゃってます

日中の不要不急の外出自粛を要請するのなら
本来であれば緊急事態宣言で影響を受けた
すべての事業者も補償という名の協力金が
あって然るべきだと私は感じております

対象は飲食店だけでいいのか?
どんな対策を取ったとしても
不満の声や不公平は生じると思いますが。。。
存続を脅かされいる業種は他にもあります
宿泊業、旅館業、娯楽業、生活関連サービス業などなど
全業種と言っても過言ではないです

政府によると
新型コロナ感染症対応の特別措置法の改正で
知事が営業時間短縮や休業を命令できる
従わない場合には過料などの罰則を
科すことができるとされています
ということで緊急事態宣言を受けて
当店は感染症対策を施しながら
入場制限をしながら営業はしておりますが
前年比50%減でかなり経営を逼迫しています
当店の【コロナ対策として】
※サロン内の喚起 施術後の入り口のドア、施術部屋の喚起
※受付、施術部屋に消毒液の設置
※施術後のベッドの消毒
※施術時に使用するタオル、バスタオルは毎回替えています
※セラピストの接客、施術時のマスクの着用
※セラピストの出勤時の検温 
※セラピストの施術後のうがい、手洗い、消毒の徹底
※ドアノブの消毒
※施術部屋は3部屋ありますがお客様は2名様までに制限させて頂き
お客様とお客様のインターバルも30分空けて換気をしています
時間帯によってはご予約が承れない場合がございます
セラピスト
セラピスト

お手数をおかけしますがご理解、ご協力のほど
よろしくお願い申し上げます

厳しい状況に終わりが見えない世界

店を開けていても利益は出ないですが
来店される方も少しはおりますので
赤字経営でも営業しているのです

利益が出ないからと言って
潰してしまったとしても
今度は無職になってしまいます

今が底だと信じて耐えるしかないですね
この状況が底であれば
あとは這い上がればいいだけです!

先が見えない世の中で。。。

やるも地獄やらぬも地獄。。。

二者択一の板挟みで戦うジレンマ。。。

商売をされている方には
解かってもらえると思いますが

誰かひとりでも共感していただければ幸いです

タイトルとURLをコピーしました