【冬の睡眠】眠れてるけど身体の不調を感じるのはなぜ?

スポンサーリンク
健康

こんにちは!
ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます

今年の冬は寒いですね

さて今回のブログは次のような方におすすめ!

★なかなか起きられない
★布団から出られない
★十分寝ているはずなのに眠い

という方が多いと思います

そんな寒い冬でも良い睡眠を取って
快適に目覚めましょう~

睡眠は十分とれてるが身体がだるいのはなぜ?

冬季には睡眠は十分にとっていても
眠いと感じたり、だるいと感じたりすることがあります

日照時間の短さが疲れを感じる

冬季には日照時間が短くなります

人体には昼間の光を通して作られるメラトニンの投与量が少なくなります
これによって体内時計が狂ったように感じることがあります

気温の低下によって免疫力も低下

冬季には低温が原因で免疫力が低下し
疲れやすくなることがあります

寒いと動きたくなかったり
やる気が出ないことがよくあります

冬季はウイルスなど風邪に注意

冬季はウイルス感染や風邪が増える季節であります

これが疲れや睡眠障害を
引き起こすこともあるのです

などの理由が
冬季に眠いと感じたり、だるいと感じたり
する一般的な原因です

問題が長期的である場合は
医師に相談することをお勧めします

冬の睡眠「ぐっすり眠ってスッキリ起きるには?」

冬季にぐっすり眠ってすっきりと起きるためには!
こちらポイントを実践することが有効です

朝起きたら日光を取り入れよう

日光は体内時計を調整するのに役立ちます
できるだけ日光を浴びることを心がけましょう

朝日を浴びると気持ちいいですよ

定刻に決まった時間に寝て起きる

毎日同じ時間に寝る、起きることで
体内時計を整えることができます

休日に寝だめをすると余計に疲れてしまいますよ

適切な睡眠環境を整えよう

寝室は暗くて静かな環境にして
睡眠用の寝具を選ぶことが大切です

枕のおすすめはこちら↓↓↓

 

適度な運動を使用

ストレッチやウオーキングでOKです
毎日実践すると効果的です


適度な運動は睡眠の質を向上させる効果があります

寝る前はスマホやPCを控えめに

夜間にスマートフォンやタブレットなどの
画面を見すぎることは睡眠の質を悪化させます

アルコールやカフェインを控えめに

アルコールやカフェインは睡眠を妨げることがありますので
控えることを心がけましょう

冬季にぐっすり眠って
すっきりと起きることで
毎日のパフォーマンスの向上につながります

まとめ

いかがでしたでしょうか

今回は!
【冬の睡眠】眠れてるけど身体の不調を感じるのはなぜ?
について書いてみました

冬季は十分に眠れていたとしても
日照時間や気温の影響で
身体がだるく感じてしまうものです

冬季にぐっすり眠ってスッキリ起きるには!
★日光を取り入れる
★決まった時間に就寝、起床
★睡眠環境を整える
★適度な運動
★スマフォの制限
★アルコール、カフェインの制限

など実践して
寒い冬を乗り越えましょう

 

 

健康
スポンサーリンク
反町駅前リラクゼーション&マッサージ ほぐしあ