お客様からの質問【夏の健康対策】猛暑から身を守るには?

スポンサーリンク
健康

こんにちは!

ブログをご覧いただきまして
誠にありがとうございます

さて今回は!
連日の猛暑日が続きます

暑い夏には
★熱中症
★冷房病
★紫外線
★熱帯夜 など

含めた対処の方法と
暑さから身を守る為の対策をご紹介します
日常生活に取り入れて
厳しい夏を無理なく過ごしましょう

暑い夏の熱中症対策

お客様男性
お客様

セラピストさん
近年でこそ熱中症って聞くようになったけど
そもそも熱中症ってなに?

セラピスト
セラピスト

熱中症とは!

人間の身体には!
体温を調節する機能が備わっています
体内で熱を作り出している一方
自律神経を介して血液や発汗を調節したり
適度な体温を保っているのです

しかし気温や湿度がなどの環境の変化で
体温調節機能に乱れが生じて
体内の水分やバランスが崩れて
脱水症状を引き起こしてしまいます
この症状を熱中症といいます

お客様男性
お客様

なるほど~
セラピストさんがいつも
水を飲めって言うのは
そういうことだったんですね

セラピスト
セラピスト

そうです!

熱中症対策として

★細目に水分補給をする
★35℃以上の暑い場所はできるだけ避ける
★規則正しい食生活を心がける
★スポーツをする場合は健康状態をチェック
近年はコロナ対策の「新しい生活様式」として
マスクの着用が推奨されています
暑い夏にマスクを着けていると
心拍数や体感温度が上昇するなどして
身体に負担がかかることがあります

屋外で十分な距離が保てているのであれば
マスクを外して水分を細目に補給しましょう

暑い夏の冷房病対策

人間が温度の変化に対応できる範囲は
5℃以内だと言われています

猛暑の中で
冷房の効いた室内と外を頻繁に出入りしたり
冷房の効いた部屋に長時間いると
身体が冷えてしまいます

毛細血管の収縮と全身の血行不良になります
すると体温調節機能に乱れて
様々な症状を引き起こすのです

冷房病の症状として

★身体の冷え
★むくみ、だるい、しびれる
★頭痛、肩こり、神経痛
★食欲不振、便秘、下痢 など

の症状を及ぼします

冷房病の対策
★室内の温度は27~28℃にする
★温かいものを食べて身体を温める
★入浴する
★冷気を直接浴びない など

して冷房病の対策をしましょう

暑い夏の紫外線対策

セラピスト
セラピスト

夏の紫外線対策してますか~

お客様男性
お客様

何もしたことないです
紫外線対策って女子がするもんでしょ?

セラピスト
セラピスト

確かに男性は気にしてないですね

女性の方が対策してる傾向です

紫外線を直接肌に浴びでしまうと
しわ、しみ、たるみなどに
繋がってしまいます

近年では諸説ありますが健康長寿は
陽に当たることで
健康を維持しているという話もあります

夏の紫外線対策として

★日焼け止めを塗る
★帽子を被る
★日傘を用意しておく

まとめ

いかがでしたでしょうか

今回は!
猛暑から身を守るための
「夏の健康対策」について
書いてみました

近年の夏は猛暑になりますので
熱中症には気を付けましょう~

 

お疲れの方は
ほぐしあでお待ちしております

【新型コロナ感染症対策実施中】
※サロン内の喚起 施術後の入り口のドア、施術部屋の喚起
※受付、施術部屋に消毒液の設置
※施術後のベッドの消毒
※施術時に使用するタオル、バスタオルは毎回替えています
※セラピストの接客、施術時のマスクの着用
※セラピストの出勤時の検温
※セラピストの施術後のうがい、手洗い、消毒の徹底
※ドアノブの消毒
※施術部屋は3部屋ありますがお客様は2名様までに制限させて頂き
お客様とお客様のインターバルも30分空けて換気をしています
時間帯によってはご予約が承れない場合がございます
セラピスト
セラピスト

お手数をおかけしますが
ご理解、ご協力のほど
宜しくお願い申し上げます

 

東急東横線 反町駅 徒歩1分
リラクゼーションサロン ほぐしあ

ボディケア「全身もみほぐし」
60分 4300円 毎日がクーポン価格

営業時間  11:00~23:00
火曜日のみ 11:00~18:00

横浜市神奈川区松本町1-1-5
アルプスビル3F

045-534-6917
健康
スポンサーリンク
反町駅前リラクゼーション&マッサージ ほぐしあ
タイトルとURLをコピーしました